二期リゾートは、1986年栃木県那須高原の中腹、二つの渓流が交わる横沢の場所にわずか6室の小さな宿屋としてスタートし、スモールホテルという言葉もない時代から、文化とアート、食、建築、の総合芸術としてのホテル、自然と人を結ぶコミューンを目指して成長し続けています。オーベルジュには杉本貴志、スパ施設を併設した東館はイギリスのテレンスコンランデザインを起用し、時代時代にあったデザイナーや建築家をセレクトした環境設計は、東洋的な思想の上に西欧的なスタイルを再構築した独自の文化資本を構成している。
認定の理由は、場所の力を紐解き、建築が自然を巧みに取り込む装置として機能させ、節気に即した設えをもって季節と人のつながりをもって日本文化・東洋的な自然観を綜合的なアートとして現代に結びつけている文化資本を経営資源として、多様な文化・教育事業を可能にしていることです。また、那須の場所を日本のホスピタティ文化教育の中心としてビジョンとその取組みを内包しているためです。
Niki resort was founded in 1986 at the middle of Nasu highland at Tochigi, where two mountain streams intersect. It started as a small hotel that had only 6 rooms. From the time when there was no such term as a “Small hotel”, they have been developing as a synthetic hotel that connects nature with humanity, using culture, art, food, and architecture. For the designer of ‘Auberge’, they used Takashi Sugimoto. For the eastern part of the compound a spa is located, designed by U.K.’s Terence Orby Conran. They are using designers who adopt styles based on Eastern philosophy incorporating Western design on top. The reason for their certification is, they are connecting Japanese and Eastern views on nature with modern expression as an art, promoting the human relation with seasonal changes. It is the method to open up the potential of location and using nature as a part of architecture. And they are using it for multiple cultural and educational uses as a cultural and administrative capital. Also, it is worth mentioning that they have the vision of Nasu being an educational center of Japan hospitality.
ホスピタリティ企業認定
Hospitality Enterprise
 
ホスピタリティパーソン認定
Hospitality Person
 
ホスピタリティ場所認定
Hospitality Place