ゴットリープ・ダイムラーと共にエンジン研究をしていたヴィルヘルム・マイバッハは1901年メルセデス第1号車を設計。1909年にダイムラー社を去り、ツェッペリン伯爵のために会社を設立(Maybach-Motorenbau GmbH)した。飛行船ツェッペリン号の搭載エンジンを製作していたのはマイバッハであり、1935年以降第二次世界大戦終結までドイツ軍戦車のガソリンエンジンをほぼ独占していた。2002年にダイムラー・ベンツ社のブランドとして復活し、同社が考える最高の技術と厳選した素材を使用したフル・オーダーメイドの革新的なシステムを導入し、PLMと呼ばれる顧客対応のプロフェッショナルによる徹底したプライベート対応のホスピタリティを実践している。
認定の理由は、全世界に限定したマーケットを設定し、ダイムラー・ベンツ社の生産技術を活用しながら自動車生産販売ビジネスとして新たな試みをおこなっていること。また、顧客一人ひとりの個別のライフスタイルを叶えるためのあらゆることに対応することで購入から顧客の生涯に関与してゆくホスピタリティビジネスモデルあるためです。
Wilhelm Maybach, who has been researching engine together with and Gottlieb Daimler, designed the first Mercedes-Benz car in 1901. He left Daimler in 1909, and founded Maybach-Motorenbau, GmbH for Count Ferdinand von Zeppelin. The engine used for the rigid airship ‘Zeppelin’ was made by Maybach, and from 1935 until the end of the Second World War, Maybach provided almost all the gasoline fuelled engines for German tanks. In 2002, the company was revived under the brand named ‘Daimler-Benz AG’, and created a fully custom made system called ‘PLM’, designed to provide a private service to serve each customer’s needs using the highest technology, carefully selected materials, and distinguished professionals. The reason for their certification is that, they focused on a limited market around the Globe, and by experimenting with new innovative ways of automobile marketing using Daimler-Benz’s original manufacturing technology. Also, they show their model of hospitality by accommodating any necessary aspects to grant ideal lifestyles for each customer.
ホスピタリティ企業認定
Hospitality Enterprise
 
ホスピタリティパーソン認定
Hospitality Person
 
ホスピタリティ場所認定
Hospitality Place