「紳士淑女をおもてなしする私たちもまた紳士淑女です」と言う言葉に代表されるよう、お客様に最高のホスピタリティを届けるために従業員は欠かすことのできない資源であるとザ・リッツ・カールトンは定めています。ザ・リッツ・カールトン大阪は1997年5月大阪梅田に開業し、お客様の第二の家というコンセプトのもと、施設の設計からインテリアとそれを活用した述語制と高度なホスピタリティを成してきました。
認定の理由は、リッツカールトンカンパニーの優れた理念設計とホスピタリティを内在し、ホテルオペレーションにおいてホスピタリティ技術が向上するマネジメントにより、顧客を最大限満足させるホテルビジネスを成立させているためです。また、時代を超越した美しさと歴史の継承に努め、全世界のザ・リッツ・カールトンは18 世紀と19世紀のアート コレクションを所蔵し、優雅で洗練された邸宅や博物館のような雰囲気を醸し出し、ホスピタリティ業界をリードする高いアート性を確立しています。
Under the concept “we shall be lady and gentleman, to comfort ladies and gentlemen,” The Ritz-Carlton regard employees as very important resources in order to promote the highest levels of hospitality to their customers. The Ritz-Carlton Osaka was founded in May 1997 at Umeda in Osaka. Their desire is to be seen as a “second home for customers” having planned, designed and developed an interior space that surpasses the highest levels of Hospitality. The reason for certification is that The Ritz-Carlton company has a highly conceptualized plan for hospitality. Hotel management and operations have an internal system that develops through time, successfully achieving maximum satisfaction to their customers. In addition, they strive towards the ubiquitous idea of beauty and are deeply committed to continuing tradition. The Ritz-Carlton have an art collection of 18th and 19th century works from all over the world, and the hotel itself has the atmosphere similar to that of a highly elegant residence or sophisticated museum, thus promoting a highly artistic compound that can be a true leader in the hospitality industry.
ホスピタリティ企業認定
Hospitality Enterprise
 
ホスピタリティパーソン認定
Hospitality Person
 
ホスピタリティ場所認定
Hospitality Place